奇跡への軌跡(中学受験2022&2028予定)

2022年の中学受験は紆余曲折の結果、第一志望に合格。2028年は未定。小学1年生・中学1年生の日常が織り交ざったブログです。

MENU

おすすめ本

漢字の先取り学習

上の子の中学受験は、算数さえ強ければなんとかなるという根拠のない思い込みのせいでずいぶん苦労した気がします 小学生レベルだと、問題をしっかりと読めることが重要なため、すべての教科に通じる国語こそが一番肝心だと気づいたのは小学校6年生になって…

中学1年生に聞いた、これまで読んだ中で一番好きな本

私は中高時代の多読は人生の財産だと信じています そして好きな本は繰り返し読むことで自分の血肉になるということを中学一年生になる子どもに話したところ、自分にも何度も読み返している本があると意外にも言われてしまいました 何の本か聞くと、瀬尾まい…

スポーツを題材にした本⑥_エディー・ジョーンズ

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです今日はこれ ハードワーク 勝つためのマインド・セッティング (講談社+α文庫) 作者:エディー・ジョーンズ 講談社 Amazon にほんブログ村 にほんブログ村 人気ブログランキングへ

二月の勝者15巻のジャケットが判明

二月の勝者の最新刊のジャケットが判明 次は内容が気になります 二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (15) 作者:高瀬 志帆 小学館 Amazon にほんブログ村 にほんブログ村 人気ブログランキングへ

読書

私は読書が大好きです 振り返ると小学生のころから通学中も本を読んでいました 江戸川乱歩の怪人二十面相なんかは学校の図書館にあるものをすべて読んだような気がします そんな本好きな私からすると、本の要約を読むなんて正直ありえないと思っていました …

スポーツを題材にした本⑥_敗れざる者たち

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです 今回は少しテイストを変えて、沢木耕太郎のルポ「敗れざる者たち」になります 沢木耕太郎といえば、いわずもがな深夜特急が有名ですが、こちらの本も派手さこそないもののボデ…

中学受験を題材にした本 金の角持つ子どもたち

2日くらいで読みました 何回も泣きそうになりました、3回くらいは泣きました 自分の子どもにも銀の角くらいは生えてそうな気がしてきます とにかく本番前の最後の1か月の頑張りはすごかったと今更ながら振り返ってしみじみ思います 金の角持つ子どもたち (集…

英単語

中学入学前の準備について、いろいろなブログ等で記事を読んでみても、数学と英語の2つが大事というのは間違いなさそうです なかでも英単語帳はたくさん種類があるので迷いましたが、アプリがセットであるというのを決め手にして、出る順ターゲットにしまし…

野球用語がわからない子どもたち

受験が終わり、勉強とゲームとサッカーについて、ややゲームに比重を置きながら毎日を過ごしています ゲームもいろいろなソフトをやっていますが、先日はファミスタを年長の子も一緒になってやっていました どうやらゲームの中ではいろいろとミッションが課…

スポーツを題材にした本⑤_松岡修造

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです 今回は松岡修造さんの修造思考 この本を読むと、”戦う君のことを戦わないやつが笑うだろう、ファイト”と中島みゆきの名曲が頭に流れてきます(私はこのフレーズが大好きです) …

城山三郎

今日も前に紹介したPodcastの”日本の歴史”を聴いていました BackNumberで浜口雄幸→広田弘毅と並んでいて、これはもしかしてと思ったらやはりその通りで、配信者が城山三郎の愛読者とのこと 私自身も城山三郎については一時期はまって読み漁りました その中で…

中村天風を読みました

以前に気になる人として取り上げた中村天風 とりあえず入りはPrimeReadingで無料本をさっと読むところからにしました 名前のせいか宗教色が強いイメージがありましたが、一応科学的という視点を大事にしているようで、↓の帯にあるように「人生は心ひとつの置…

ブックオフ

今日は朝一で不要になった本をブックオフに持ち込んできました 年長の子どもが車に乗せた本を見て、”これどうするの”と聞いてくるので、”うちではもう読まなくなったけどこの本を読んでくれる人に読んでもらうために売りに行くんだよ”とちょっとサスティナブ…

スポーツを題材にした本④_長谷部誠

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです 今回はサッカー日本代表 長谷部誠 中田英寿もそうですが、すべての行動について目的をしっかりもち、そして自分自身のことをよく知っている、必要以上に自分をよく見せようと…

スポーツを題材にした本③_風が強く吹いている

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです 今日は、駅伝にします 設定は少し無理がありますが、積み重ねた努力は裏切らないこと、少なくとも積み上げた努力がないと結果はでないことを強く感じます 箱根駅伝では、そん…

スポーツを題材にした本②_七帝柔道記

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです 今回は柔道 この七帝柔道記は限界を突破することの美しさ、無目的に挑戦することの純粋さに触れることができ、心が洗われます 日常の忙しさに心が疲れた時には栄養ドリンクが…

スポーツを題材にした本①_宿澤広朗

スポーツを題材にした本はたくさんあります そして、結構心に残る名作ぞろいです そんななかで、期待せずに読んで面白かったのが、勝つことのみが善である 知る人ぞ知るラグビー日本代表監督であり、三井住友銀行専務 しかも銀行は途中入社ではなく、新卒と…

インベスターZ

Amazon のPrime Readingで無料で3巻くらいまで読んだだけですが、かなり面白いと思います 資産運用に少しでも興味がある方や、子どもに金融リテラシーをつけたい方には、入り口としてうってつけな気がしています。 インベスターZ(1) 作者:三田紀房 コルク Am…

中学受験を題材にした本

余裕がなくなる小学校6年生を前に、5年生くらいまでに軽い気持ちで読みたい本を3つ紹介します ① 小学校お受験と御三家受験について書いているようです 天現寺ウォーズ 作者:佐野 倫子 イカロス出版 Amazon ② 御三家合格はゴールではないようです。鉄緑会とい…

最近気になる人

中村天風 まだ一冊も本は読んでませんが、最近この名前をどこかで聞いて以来、本屋やメディアなどで何度も耳にするようになりました。きっといままで知らない名前なのでスルーしていたんですね とりあえず近々一冊読んでみたいと思います 運命を拓く (講談社…

氷川清話

よく名前は聞くので読み始めてみました いつの世も人物評をするのが好きな人って多いよねっていうのが出だしの感想です 氷川清話 付勝海舟伝 (角川ソフィア文庫) 作者:勝 海舟 KADOKAWA Amazon にほんブログ村 人気ブログランキングへ

二月の勝者 15巻

予約ができるようになったんですね 4月12日発売です 楽しみです 二月の勝者 ー絶対合格の教室ー (15) 作者:高瀬 志帆 小学館 Amazon にほんブログ村 人気ブログランキングへ

アオアシ

何がきっかけかわかりませんが子どもがはまっています 2022年4月からNHK Eテレでアニメ放送も始まるようです 全巻買うと約600円×26冊 結構かかります アオアシ(1) (ビッグコミックス) 作者:小林有吾 小学館 Amazon にほんブログ村 人気ブログランキングへ

君たちはどう生きるか

中学入学前は数学+英語+タイピング+読書+運動を地道にやっていきたいと考えています 読書については我が家の子どもはそれほど好きではないことも加味して、中学入学前までに4冊読めれば十分かと思っています それを子どもと共有すると、”ブッダの1巻を読…

中学入学前の先取り学習

中学受験も終わり、あれだけ毎日驚異的な時間勉強していた子供も、あっというまにだらだらとした生活に戻っていっています もちろん、あんなに頑張ったのだから少しくらいだらけてもいいのですが、中学受験の真の目的は主体的に勉強し続ける習慣を身に着ける…

中学への算数

たくさんの方のブログで紹介されていた中学への算数 必ず解きたい算数の100問中身を見てみたくても本屋にもないですし、定価以上の値段で買いたくないつまらない自分の中でのルールもあって、買えない状況が続きましたが、6月になってようやく買うことがで…

中学受験おすすめ本(受験生の親向け)

子どもを読書好きにするには、親の背中を見せるのが一番。 どうせ読むなら、受験生の親ならではの特典がある本を紹介したいと思います ① 雄気堂々_城山三郎 大河ドラマ、新1万円札と話題が尽きない渋沢栄一の一生を描いた本。城山三郎著というだけで面白さは…

2月の勝者

予約注文していた2月の勝者最新刊が届きました 自分の状況を重ね合わせて読んでしまうため、簡単には読み始めることができません まんがなのに読みはじめるのに緊張してしまいます この漫画では中学受験に対峙する様々な家族が出てきますが、他山の石とする…

中学進学後のおすすめ本

運動をしていてアキレス腱を切るというのは、本当に急に襲い掛かってくるので怖いですね 今日も一緒にサッカーやっていた知人がアキレス腱を切ってしまいました 私も運動するときには気を付けないといけないと改めて思いました ちなみにその話を子どもにする…

おすすめ本

あまり本を読むのが好きではない、しかも社会もそれほど好きでもない子どもがなんとか少しづつ読んでいるようです 学校の冬休みの宿題に読書があるらしく、積ん読になってしまっている本がたくさんある中、何とかこの本を読み続けています 今日は尊王攘夷に…